眉唾。

眉唾。 俵藤太が大百足を退治する時に、矢に唾をつけて、その矢で百足を退治した。 もともと唾というのは契約を固定化する力があると考えられていた。 古事記でも同じ器にお互いの唾を吐くことによって契約を結んでいたとされている。