相手からYESを引き出す方法。

マインド

恋愛においてもビジネスシーンにおいても、相手から肯定的な答えが会えって来ないと、成功はあり得ないですよね!

それを心理的テクニックでできるとしたらこれほど素晴らしいことはないと思いませんか?

今回はそのテクニックとして「YESの法則」というのを紹介していきます。

この間、集客の営業でこのテクニックを使ってきた。

このテクニックを知っていたので撃退することができたのですが、思わずYESと言ってしまいそうになるので身を守るためにも知っといて、損はないテクニックだと思います。

YESの法則(一貫性の法則)

 

YESの法則というのは、相手に必ずYESと言わせる質問を繰り返すことによって、思わずYESという答えを引き出す方法です。

なぜ肯定的な答えを答え続けるとYESと言ってしまうのか?その理由は

①人は無数に存在する情報の中で一貫した行動をとることによって、何かを考えて決定する考え行動を省こうとする。

よく、商品の長い説明をされると考えるのをめんどくさくなり、思わずその商品を買ってしまうことないですか?

②人は合理性を求めるので一度決定した選択を覆す行動をしてしまうと、自己矛盾ができてしまい合理性を失ったしまうので一度決定した選択は、以降”なかなか覆せなくなってしまいます。

例えばあるものを納得して買った時に後で後悔してやっぱり返品するってなかなかいいだせないですよねーー。

③人は一貫性のない人を嘘つきと感じてしまい、信用をうしなう事とを恐れる。

会社の先輩が休みを何も言わずにとっているのに、いざ自分が有給をとろうとした時

「休むときは報連相して、みんなの迷惑を考えて取れよなー」

とか言われたら、一瞬にしてその先輩の事信用しませんよね。

このように、経験上、教育上、噓をつくのはいけない事というのが刷り込まれていてるので、一貫性を欠くのを人は恐れます。

YES、YESと言い続けることによって、心の中でパターン化されて一貫性ができてしまい、NOと言えなくなってしまうのです。

このように、YESというのは魔術のような効果があるのです!!

YESの法則実践編

という事で、YESの法則は恐ろしいほどの効果があるのですが、実際にどのようなやり取りになるのか、やってみましょう。

実際、開業してから営業の電話がかかってきますが、リアルに営業が使ってきたものを紹介します。

次に、デートに誘えなくて困っている男女の方のための実践編をご紹介します。

営業編

営業「こんにちは!!わたくしは○○というものです。先生は集客にご興味ありますか?」

私「はい」

営業「そうですよねー。先生の労力をかけずに集客できたらいいと思いませんか?」

私「はい。そうですね。」

営業「先生はSNSとかされていますか?ラインとか、、。」

私「はい。やってます。」

営業「SNSで先生が何もせずに、新患の数が増えたら魅力的ですよねー?」

私「そうでんすね。」

やっとここまできて本題に入ります。

営業「私たちは、先生が施術に専念できるようにするために、SNSを使って集客のお手伝いをさせていただいてます。今日の晩10分ほどお時間いただけますか?」

私「うーーん」

悩んでいるところを、すかさず、

営業「新患が増えると収益も上がりますよね?」

とまたYESを被せてきました。

その時僕はYESの法則を知っていたのでNOと答えられましたが、内心

「営業の人も頑張っているしちょっと聞いてみようかなー」と思ってしまいました。

知っていたも、少し心が動いてしまうという事なので、知らない人はこういう営業に引っかかているかもしれません。

恋愛実践編

僕はこの法則を使ってデートに誘ったことは無いのですが、こういった感じでやってみてはどうでしょうか?

私「今日はいい天気ですねー。」

女性「そうねー。」

私「そういった日は、外でゆっくりお茶で物みたいですね!」

女性「うんうん!!」

私「お茶で思い出したけど、紅茶って好きですか?」

女性「うん好き!」

私「本格的なアフターヌーンティーが楽しめる店があったら行きたくない?」

女性「うんうん!!」

ここで仕掛けます。?

私「僕、知ってる店でスコーンと紅茶が楽しめる店があるんだけどいこうよ‼」

女性「うん‼」

てな感じはいかがですか?

異性の場合、その関係性によっては、それが崩れてしまうのを恐れるので、かなりかYESをもらう確率が増します!!

是非、試してみてください!!

まとめ

 知っていても、断った後の関係性などを考慮して断れなくなってしまう事があるYESの法則。知っていると対応もできます。

自分の身を守るためにも知っておいてもいい法則ですね!!

他にも色々な法則を使ってより確実にアポを取ったり、デートに誘ったりもできます。

それについては後日またご紹介させていただきますね!!では!!

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました