ピカソの名言について

ピカソの本を読んでいる。

その内容を少しだけ書いていこうと思う。

まぎれもなくピカソは天才だと思ったのが感想だ。

ピカソはスペインで長男として生まれるが死産としいて誤認されテーブルの上で放置されていたが医者の叔父に適切な処置で蘇生した。

ピカソは言葉を覚えるより先に絵を描いていたらしく、最初に覚えた言葉が「ピス、ピス」鉛筆(ラピス)だったという。

10歳で美術学校に入学し14歳で画家としての公式デビューをはたした。

これが14歳の作品「初聖体拝領」すごいとしか言いようがない。

ピカソには青の時代という頃がある。

これは作品を青一色に塗り上げるようになった時代である。

これは友人が自殺したのをきっかけであったとされている。

今読んでいる本にこの頃の名言が載っていたので紹介します

『無理やり探して見つかった個性なんて偽物だ」

である。

すごい言葉である。人と違うことをしようと服装を変えたり、人と違うことをしようと色々する方がいるが、それが個性と思っているかもしれない。

しかし、それが個性であるかと言えばそうでないような気がする。いろいろな経験や人との出会いや別れがあり、その中で考え悩んだ末に体からにじみ出てくるものでそれが人と違うものが個性なのかもしれない。

僕自身、個人事業主である前に、技術者である。その技術や知識をもっと学び、悩み個性を出せるよう修行したいと思う。

 

孤独な絵画鑑賞。。。。ゴッホ展がはじまる。

今回兵庫にゴッホ展が開催されるということで、絵画について。。。

絵画を見るのが好きでよく、京都、大阪、兵庫の美術館にはよく行くし、美術館の本を借りることもある。

今回はゴッホと有名絵画、フェルメールの本。絵画は歴史的背景やその作者の置かれている立場などが色濃くその作品に投影さえることがある。

例えば有名なムンクの叫びでは、

交際していた女性が結婚話のもつれでピストルで自殺しようと試みたのでそれを止めようとしたムンクが左手を負傷してしまう。さらにアルコールにおぼれ、精神的にも病み被害妄想、脅迫観念に悩まされる。そんな中、フィヨルドのほとりを歩いていて日没に赤く染まった雲を見た。友人は先に行ってしまったが、彼は恐怖に震え叫びの声を聴いたという。この叫びという作品には中央の雲の部分に小さな文字で「こんな絵を描くのは狂人だけである」とムンク自身が書いている。

ピカソの絵で「ゲルニカ」というのがある。

この絵は奥さんのマリーテレーズと浮気相手のドラを喧嘩させたときに書かれた作品である。その時に、マリーとドラをどちらを選ぶかとなった時に、名言「戦って決めればいい」といって喧嘩させたらしい。

 

このように絵画をより楽しむためにはある程度、作家や時代背景を知っていると面白い。

今回はゴッホ展なので、ゴッホについて書いていこう。ゴッホは「炎の人」と言われている。彼は転々と仕事をしながら社会の底辺で生活していた。画家になっても生前はほとんど評価されることもなかった。恋にも苦しみ、プロポーズも拒否され、その苦しみから逃れるためアルコールに溺れていった。そんな兄を助けようと弟のテオは画家のゴーギャンと共同生活を提案する。二人はアルルの黄色い家に同居する。

この時ゴーギャンを迎えるために書いたのが有名な「ひまわり」である。しかし彼らの共同生活は悲劇的な結末の終わる。個性的な二人は衝突し、かの有名な耳切り事件を起こす。テオはその後もゴッホを支えたが彼の息子が亡くなった時に些細なことで口論になるゴッホは家を出て行ってしまう。それから3週間後ゴッホは自殺する。それにショックを受けたテオもこの世を去ってしまう。

さてこの有名なひまわり、ゴッホは牧師の家の生まれたため、こだわりが強かったらしい。キリスト教と関係が深い花で、太陽にまっすぐ咲くことから忠誠心や愛の象徴とされている。このひまわりの花瓶はゴーギャンの共同生活で生活する黄色い家をあらわしており、ヒマワリは14本飾られている。この14本のうち12本はキリスト12使徒を象徴し、後の2本は弟のテオとゴーギャンではないかとされている。

オランダの画家が好きなのか、レンブラントやフェルメールブリューゲルスなど目が行く作家はみなオランダ人が多い。